読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけし備忘録

自分の好奇心の赴くままに勉強メモ LL系が大好き Python bash Julia C

1.Bottleのインストール

インストール


 ボトルは、任意の外部ライブラリに依存しません。あなたは自分のプロジェクトディレクトリにbottle.pyダウンロードしてコーディングを開始することができます。

$ wget http://bottlepy.org/bottle.py

 これにより、すべての新機能が含まれている最新の開発スナップショット(不安定版)を取得します。
より安定した環境を好む場合には、安定版を取得するべきです。安定版はPyPi上で取得でき、pip(推奨)やeasy_install、またはあなたのOSのパッケージマネージャを介してインストールすることができます。

$ sudo pip install bottle  # 推奨
$ sudo easy_install bottle # pip無しにやる方法 
$ sudo apt-get install python-bottle # Debian, Ubuntuなどのそれぞれのパッケージ管理システム


[パッケージシステム全体を、インストール権限を持っていないまたは作成したくない場合]

$ virtualenv develop             # 仮想環境を作成
$ source develop/bin/activate    # デフォルトのPythonを仮想環境上のものに変更
(develop)$ pip install -U bottle # 仮想環境上にbottleをインストール


[virtualenvをお使いのシステムにインストールされていない場合]

$ wget https://raw.github.com/pypa/virtualenv/master/virtualenv.py #virtualenvをwget
$ python virtualenv.py develop   # 仮想環境を作成
$ source develop/bin/activate    # デフォルトのPythonを仮想環境上のものに変更
(develop)$ pip install -U bottle # 仮想環境上にbottleをインストール

 いずれの方法でも、bottleのアプリケーションを実行するためにはPython 2.5以降(3.xを含む)が必要です。


次の記事へ進む → 2.クイックスタート


関連リンク